結婚式場の選び方がまるわかり|主役になれる日

会場の特殊性が魅力

男女

最近神社挙式なる挙式スタイルが注目されるようになっていますが、いわゆる神前式とは違うのか、そんな基本的な部分から疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。ここではそういった神社挙式の基本的な部分と、特徴について少し解説してみます。一般的に神前式といった場合には、式を行う会場は限定されません。神前、つまり神様の鎮座される前であればどこでも神前式はできるので、総合結婚式場やホテルでも挙行できます。極端な話をすれば自宅に神棚があって、神職さんを招いて儀式を執り行えばそれも神前式と言えます。一方の神社挙式も、神社が神道の宗教施設である以上儀式そのものは神前式です。ただ会場が神社であるという事が限定されるのです。場所が違えば挙式の内容にも差異が生じ、それが式場やホテルで行う神前式と異なる神社挙式ならではの特徴となります。一つには独立した宗教施設である神社で行うので、厳かな空気の中で式が進められるという事です。式そのものをどこで行うかというと、基本的に社殿という神様が鎮座される本殿の前に設置されている儀式等を行う建物内で行います。つまり結婚式用の施設ではなく、普段から神様に祈りをささげるその場所で式を挙げるわけですから、その神聖な雰囲気を存分に味わえます。この式を行う社殿と、新郎新婦を始め親族一同が控える建物はそれぞれ独立しているものであるため、いざ式が始まる前には移動することになります。この際に行われる行事として、花嫁行列があります。この花嫁行列に憧れて神社挙式を選ぶカップルもいるほど、神社挙式の大きな特徴と言えます。社殿内部は貸切でも、境内その他に関しては一般の参拝客もいる中で行われるのが神社挙式です。そうした一般のお客さんの前を綺麗な着物を着て歩くという、普段では絶対に味わえないお姫様、お殿様気分が味わえるのが神社挙式の特徴であり、大きな魅力なのです。